中井政友議員の3月議会での一般質問<議会便り>



▼街づくりについて


(問)スポーツ公園事業について、平成15年度の工事費は約20億円であったが、なぜ現在は約77億円にもなっているのか。


〔都市創造部次長〕当時の全体工事費は約65億円で、2工区に分けていたため1期分が約20億円であった。現在は、プール施設が追加されている。


(問)スポーツ公園事業の資金計画については、平成15年度と現在とではどのように違うか。


〔都市創造部次長〕基本的に同じで、国費が半分と残り半分を市費で賄うことになっている。


(問)国費については、用地取得や建物に対しての補助率は違うのか。


〔都市創造部次長〕工事費や測量試験費の国庫補助率は2分の1で、用地補償費や調査測量費の国庫補助率は3分の1である。


▼子供たちの減災対策について


(問)学校等で実施している子どもたちの避難訓練では、どのような課題や問題点があるか。


〔教育部次長〕実際に災害が起こった場合、子どもたちが避難訓練で学んだことをどのように実践できるかが課題である。


(問)大きな地震が起こった場合は、先生も被災する可能性があると思うが、そういったことを考えた訓練は実施しているのか。


〔教育部次長〕現在、具体的な訓練は行っていない。


(問)子どもたちに対して、「自分の命は自身で守る」という防災教育は行っているのか。


〔教育部次長〕防災教育については特別な時間をとっていない。


(問)市長は中学生を対象にした防災教育を実施していくということであり、今の答弁とずれがあるように思うが、その点はどうなのか。


〔教育部次長〕地域防災の観点から


(問)これまでにスポーツ公園事業に支出してきた事業費は、どれくらいの金額になるのか。


〔都市創造部次長〕用地取得に約9億5千万円と測量試験費に約1億円。合計で10億5千万円を支出してきた。


(問)今後は、どれくらいの事業費を支出していくことになるのか。また、用地取得のための費用は、どれくらいの事業費を見込んでいるのか。


〔都市創造部次長〕

先行しているプール建設に約15億円が必要で、残りの用地取得費は5億円程度と考えており、今後は公共施設管理計画に照らして検討を加えていきたい。

(問)スポーツ公園と接道する都市計画道路の事業費は、今後、どれぐらいの金額がかかるのか。

〔都市創造部次長〕尼寺関屋線の工事費が約1億5千万円で、用地費は約5千万円、また、畑分川線の工事費が約1億円で、用地費は約7千万円を予定している。

(問)本市の身の丈にあったスポーツ公園にする必要があると思うが、その点はどうなのか。

〔都市創造部次長〕建設費やランニングコストを含めて、少しでも負担を減らしていく必要があると考えている。











[PR]
by jcpkasiba | 2017-05-23 10:58 | 中井政友議員の議会報告 | Comments(0)
香芝ほっとNews
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31