奈良県天理市の並河健市長(38)が公務で東京に出張した際、宿泊先に派遣型風俗店の女性従業員を呼んでいたと31日発売の週刊新潮が報じ、並河市長は同日、報道陣の取材に対し、内容が事実であると認めた。<  並河市長は「道徳的に不適切なことであり、市民や職員、家族の信頼を傷つけたと深く反省している」と謝罪した。  週刊新潮によると、並河市長は今年2月と6月の2回、東京出張中に女性をホテルに招き、風俗サービスを受けたという。報道陣に対し、支払いは「プライベートなお金だった」と話した。  並河市長は大阪府箕面市出身。東京大を卒業後、外務省、大手広告会社を経て、2013年の市長選に無所属で出馬して初当選した。9月24日に告示される同市長選に2期目を目指して立候補を表明している。
[PR]
by jcpkasiba | 2017-08-31 16:02 | 不祥事・事件 | Comments(0)

f0185713_11022541.jpg

[PR]
by jcpkasiba | 2017-08-31 11:02 | Comments(0)

f0185713_10591229.jpg

[PR]
by jcpkasiba | 2017-08-31 10:59 | Comments(0)

「北朝鮮の弾道ミサイル発射に厳しく抗議するー 対話による解決に逆行する行為を中止せよ」

2017年8月29日 日本共産党幹部会委員長 志位和夫


一、北朝鮮は、本日、国際社会が強く自制を求めているもとで、弾道ミサイルの発射を強行した。これは、世界と地域の平和と安定にとっての重大な脅威であり、累次の国連安保理決議などに違反する暴挙である。通告なしに日本列島の上空を飛び越える発射は、極めて危険な行為である。日本共産党は、厳しく糾弾し、抗議する。
とりわけ、今回の発射は、米国を含めて国際社会が対話による解決を模索しているもとで、それに逆行する性格をもつ行為であることを、強調しなければならない。

一、世界と地域の平和と安定を破壊し、おびただしい犠牲をもたらす軍事衝突は絶対に回避しなければならないことを、重ねて強調する。
北朝鮮に対して、これ以上の軍事的な挑発を中止することを厳重に求める。国際社会および関係国に対して、経済制裁の厳格な実施・強化と一体に、対話による解決の道を粘り強く追求することを、強く要請する。


[PR]
by jcpkasiba | 2017-08-31 10:19 | Comments(0)
香芝ほっとNews