カテゴリ:中井政友議員の議会報告( 17 )



▼街づくりについて


(問)スポーツ公園事業について、平成15年度の工事費は約20億円であったが、なぜ現在は約77億円にもなっているのか。


〔都市創造部次長〕当時の全体工事費は約65億円で、2工区に分けていたため1期分が約20億円であった。現在は、プール施設が追加されている。


(問)スポーツ公園事業の資金計画については、平成15年度と現在とではどのように違うか。


〔都市創造部次長〕基本的に同じで、国費が半分と残り半分を市費で賄うことになっている。


(問)国費については、用地取得や建物に対しての補助率は違うのか。


〔都市創造部次長〕工事費や測量試験費の国庫補助率は2分の1で、用地補償費や調査測量費の国庫補助率は3分の1である。


▼子供たちの減災対策について


(問)学校等で実施している子どもたちの避難訓練では、どのような課題や問題点があるか。


〔教育部次長〕実際に災害が起こった場合、子どもたちが避難訓練で学んだことをどのように実践できるかが課題である。


(問)大きな地震が起こった場合は、先生も被災する可能性があると思うが、そういったことを考えた訓練は実施しているのか。


〔教育部次長〕現在、具体的な訓練は行っていない。


(問)子どもたちに対して、「自分の命は自身で守る」という防災教育は行っているのか。


〔教育部次長〕防災教育については特別な時間をとっていない。


(問)市長は中学生を対象にした防災教育を実施していくということであり、今の答弁とずれがあるように思うが、その点はどうなのか。


〔教育部次長〕地域防災の観点から


(問)これまでにスポーツ公園事業に支出してきた事業費は、どれくらいの金額になるのか。


〔都市創造部次長〕用地取得に約9億5千万円と測量試験費に約1億円。合計で10億5千万円を支出してきた。


(問)今後は、どれくらいの事業費を支出していくことになるのか。また、用地取得のための費用は、どれくらいの事業費を見込んでいるのか。


〔都市創造部次長〕

先行しているプール建設に約15億円が必要で、残りの用地取得費は5億円程度と考えており、今後は公共施設管理計画に照らして検討を加えていきたい。

(問)スポーツ公園と接道する都市計画道路の事業費は、今後、どれぐらいの金額がかかるのか。

〔都市創造部次長〕尼寺関屋線の工事費が約1億5千万円で、用地費は約5千万円、また、畑分川線の工事費が約1億円で、用地費は約7千万円を予定している。

(問)本市の身の丈にあったスポーツ公園にする必要があると思うが、その点はどうなのか。

〔都市創造部次長〕建設費やランニングコストを含めて、少しでも負担を減らしていく必要があると考えている。











[PR]
by jcpkasiba | 2017-05-23 10:58 | 中井政友議員の議会報告 | Comments(0)

▼総合戦略策定について

(問)総合戦略の策定については、現在どのように検討しているのか。

〔企画部長〕人口ビジョンについては、2030年までに合計特殊出生率を2・1に達成し、また、人口規模を2060年に8万5千人程度を維持したいと考えている。

▼介護問題について

(問)8月から介護サービスの利用者負担が増額になったが、対象者については、どのように対応しているのか。

〔健康局長〕該当する方には案内をしており、広報でも周知を行っている。

(問)第6期介護計画の新総合事業である訪問型サービスは、どのように検討しているのか。

〔健康局長〕生活援助として、簡易な生活面における支援サービスの委託を考えている。

(問)本市での地域包括ケアシステムの基本的な考え方や体制については、どのように考えているのか。

〔健康局長〕生活支援体制整備事業、地域医療介護連携などのケアシステムを着実に進めていきたいと考えている。

▼中学校給食について

(問)給食の実施に向けた各中学校の取り組みは、現在どのような状況なのか。

〔教育部次長〕新たに配膳室を建設し、中学校給食準備会議を開催して、時間割り等の調整を行っている。

(問)食材の地産地消への取り組みについては、どのように考えているのか。

〔教育部次長〕広陵町とも調整を行い、今までどおり本市の地場産品も多く使用したい。

(問)食材購入について、現在、本市は学校長と選定委員会が、また、広陵町は教育委員会が決めているが、今後はどのように考えているのか。

〔教育部次長〕広陵町・香芝市共同中学校給食センター協議会において決定する予定である。

(問)農産物などの使用基準については、どのように取り扱っているのか。

〔教育部次長〕安全性の観点から、農薬の使用確認などを行っている。

(問)給食センターは、どのような特徴があるのか。

〔教育部次長〕スチームコンベクションオーブン等を備えており、バラエティー豊かな献立ができるようになると考えている
[PR]
by jcpkasiba | 2016-02-23 15:48 | 中井政友議員の議会報告 | Comments(0)

1、市の各計画について

①各計画の位置付けについて
②総合計画と各計画について

2、介護問題について

①法改正後の影響について
②6期介護計画について

3、学童保育所について

①整備状況について
②今後について

[PR]
by jcpkasiba | 2015-09-08 13:53 | 中井政友議員の議会報告 | Comments(0)

▼香芝市内の救急医療体制について
(問)東朋香芝病院にかわる後継病院は、現在どのような状況なのか。
〔福祉健康部長〕医療法人藤井会からは、香芝生喜病院は平成29年4月に開院予定と聞いている。
(問)本市の救急医療体制の現状は、どうなっているのか。
〔福祉健康部長〕現在は、奈良県西和医療センター、土庫病院、恵王病院などで受け入れを行っている。
(問)県や国に対して、搬送時間の問題など、救急医療体制についての要望は行っているのか。
〔福祉健康部長〕市を挙げて救急医療体制の要望は随時行っている。
(問)後継病院について、現在の状況などを市民に説明することは考えていないのか。
〔福祉健康部長〕現在は病院建設や開院に向けて進められており、今後検討して行きたいと考えている。

▼美濃園焼却場について
(問)焼却場の建て替えは、いつの組合議会で決定したのか。
〔都市創造部長〕平成25年10月18日開催の香芝・王寺環境施設組合事務調査特別委員会で、新設の方針が決定された。
(問)焼却場の新設にあたって、地元自治会と協議中と思うが、現在はどのような状況なのか。
〔都市創造部長〕尼寺・白鳳台・下寺自治会と新設の覚書を締結しており、平野自治会とは協議中である。
(問)今後のゴミの分別や減量化は、どのように考えているのか。
〔市民環境部次長〕レジ袋の削減や環境学習などにより、現在の取り組みをさらに強化していきたい。

▼公共施設再編・再配置問題について

(問)公共施設の整備に関するアンケートの内容について、市民が回答することは難しくないのか。
〔総務部次長〕公共施設の利用状況や意見などを聞く内容である。
(問)公共施設の再編は、今後どのように進めようと考えているのか。
〔総務部次長〕現在は最も効率的な組織体制を模索し、計画作成に向けて取り組んでいる。
(問)今後は市民の考える場を支援し、地域施設とのマネジメントの必要があると思うが、その点はどうか。
〔総務部次長〕今の資源や資産を有効活用し、コスト削減や行政サービスの向上を図り、公共施設等総合管理計画を作成したい。
[PR]
by jcpkasiba | 2015-08-23 10:58 | 中井政友議員の議会報告 | Comments(0)

▼まちづくりについて
(問)地方創生において、市の商工業の取り組みはどうか。
〔地域振興局長〕現在は既存企業の活性化、企業創業の推進、企業誘致の取り組みを行っている。 
(問)今後の商工業の施策は、どのような展開を考えているのか。
〔地域振興局長〕商工会とも連携を図り、本市の実情にあった施策を推進していきたい。
(問)自治体の住宅リフォーム制度には、どのようなものがあるのか。
〔都市創造部長〕建築物の耐震化を促進するための無料耐震診断や、耐震改修工事補助などがある。
(問)まちづくりの観点から、改築費用の補助制度については、どのように考えているのか。
〔地域振興局長〕店舗や事業所の改築費用などの補助制度を、来年度に創設する予定である。
(問)住宅リフォームで、地方創生交付金を活用したプレミアム商品券は使えないのか。
〔地域振興局長〕プレミアム商品券は多くの方に使ってもらいたいので、今後は商工会とも検討したい。
▼教育問題について
(問)学童保育所は、現在、どのような状況なのか。
〔教育部次長〕今年度の待機児童は29名であったが、3月の時点で平成
27年度は32名となっている。 
(問)なぜ、待機児童は増えているのか。また、入所児童数の見込みについては誤っていないのか。
〔教育部次長〕施設整備が追いついていないと考えており、また、景気動向などの不確定要素もあるが、推計には大きな誤りはない。
(問)下田学童保育所については、早急な整備が必要と思うが、その点はどうか。
〔教育部次長〕下田小学校の空き教室も検討したが、特別支援教室として使用しており、現状は空き教室がない状態である。
(問)三和学童保育所も待機児童がいるが、その点はどうか。
〔教育部次長〕三和小学校に空き教室がなく、夏休み期間は幼稚園の教室を活用したいと考ている。
(問)関屋や鎌田学童保育所も定員超過しているが、その点はどうか。
〔教育部次長〕現在は、児童の安全に配慮して最大限の受け入れができるようにしている。
(問)児童の受け入れは、指導員の待遇や研修が必要だが、今後はどのように考えているのか。
〔教育部次長〕賃金単価の改正や積極的な研修の開催を考えている。 
(問)広陵町との中学校給食センターにおいて、給食は食数が多くなると、冷凍食品や加工食品が多くなると聞くが、その点はどうか。
〔教育部次長〕現在も産地証明やアレルギー分析表などを義務づけており、安全性の確保に努めている。
(問)食物アレルギーの生徒には、どのように対応するのか。
〔教育部次長〕専用の調理室を設け、情報を共有して対応したい。
(問)食育や地産地消については、どのように考えているのか。
〔教育部次長〕小学校からの食育や地産地消の取り組みは、中学校給食でも継続していきたい。
(問)温かいものは温かく、冷たいものは冷たく提供するのが給食の理想だが、配送はどうするのか。
〔教育部次長〕二重構造になった食缶を使用したい。
(問)中学校給食の実施にあたって、各中学校の取り組みはどうか。
〔教育部次長〕各中学校で給食検討委員会を立ち上げて、配膳方法などを検討する予定である。
[PR]
by jcpkasiba | 2015-05-27 20:59 | 中井政友議員の議会報告 | Comments(0)

▼市民サービスの向上について
(問)市民課では、総合窓口の一元化に近いような形で各種の業務を行っているが、現在はどのような業務を行っているのか。
〔企画部長〕現在は、住民票の異動手続をするときに、証明書などの発行業務や医療証などの発行業務を行っている。
(問)現在は、庁内のクラウド化によって、担当課でデータが共有されていると思うが、例えば、社会保険から国民健康保険への切り替え手続きを、市民課の窓口ですることはできるのか。
〔市民環境部次長〕複雑な事務手続きについては、担当課で行うことになるため、市民課では、住民異動に伴う保険証などの発行業務を行っている。
(問)市民課の窓口で、住民異動に伴う保険証などの発行業務ができるということは、市民の方に対して、どのようにPRを行っているのか。
〔市民環境部次長〕今年10月から、市民課に福祉簡易窓口を開設

▼市役所の窓口業務委託実施について
(問)今年10月から、複数の窓口で業務の委託を行っているが、どのような業務をしているのか。
〔企画部次長〕市民課は、住民票等の証明書発行業務。市民衛生課は、ごみ自己搬入等の証明書発行業務。税務課は、所得証明等の証明書発行業務など、現在は9課で窓口業務を実施している。
(問)窓口の業務を委託しているのは、どのような理由なのか。
〔企画部次長〕民間のノウハウと市民の利便性の向上、事務の効率化などを総合的に判断し実施している。
(問)窓口の業務委託は、どのような方法で事業者を決定したのか。また、何社の応募があったのか。
〔企画部次長〕プロポーザルにより事業者を決定した。また、応募については最終的に2社であった。
(問)委託事業者の雇用状況について、その内容は把握しているのか。
〔企画部次長〕委託事業者の雇用関係については把握していない。
(問)窓口の業務委託については、どのようなで形で何人が配置されているのか。
〔企画部次長〕常勤と非常勤をあわせて28名が業務にあたっている。
(問)各課の窓口の状況によっては、今後、委託している人数が変動することもあるのか。
〔企画部次長〕繁忙期の窓口に、多くの人員を充ててもらうことは可能と考えている。
(問)民間の事業者に業務委託をするということは、プライバシーに関わる問題がでてくると思うが、その点はどのように考えているのか。
〔企画部次長〕事業者の選定では、プライバシーマーク等の取得も確認しており、契約において個人情報の保護に十分配慮している。
(問)市役所のパソコンは、IDやパスワードで使った人が誰かわかるようになっているのか。また、ファックスについてはどうか。
〔企画部次長〕使った人の特定はできるようになっており、委託先の職員にもIDやパスワードを与えている。また、ファックスは正職員が送信を行っている。
(問)窓口業務を行っている委託先の職員が、申請者が本人であるかどうかの確認や、申請書に加筆などを求めることもあるのか。
〔企画部次長〕委託先の職員は、窓口で申請者に書類を渡す業務などを行っている。
(問)証明書の手数料など、公金の取り扱いについては、私人の取り扱い制限があると思うが、その点はどのように考えているのか。
〔企画部次長〕公金の取り扱いについては、契約書に明記し告示を行っている。また、窓口に告示文を掲示して、レシートには会社名を明記している。
(問)国保医療課や介護福祉課では、個人の疾病に関する資料などがあると思うが、窓口の業務委託にあたって、プライバシーの遵守については、どのように考えているのか。
〔健康局長〕個人情報の取り扱いは、契約書に明記して厳正に対処している。
(問)財産調査や公金を取り扱う納税促進課においては、どのように考えているのか。
〔総務部次長〕財産調査などは正職員が業務を行っており、委託先の職員は窓口の補助業務をしている。
(問)今後の業務委託について、方向性はどのように考えているのか。
〔企画部次長〕市役所全体の業務バランスを考えて、可能なものについては委託していきたい。__
[PR]
by jcpkasiba | 2015-02-25 13:46 | 中井政友議員の議会報告 | Comments(0)

昨日は、総務企画委員会 私達が提案しました「集団的自衛権容認の閣議決定の撤回を求める」意見書 案の説明「立憲主義に反する」と討論しました。新3要件について、閣議決定の問題、国連との関係、憲法改正のなど話しいましたが。反対多数で委員会否決となりました。護憲の力、声を大きくする必要がもっとあると感じました。

<賛成> 中村良路 池田英子  <反対> 北川、中川、上田井 川田 
 
[PR]
by jcpkasiba | 2014-09-12 19:23 | 中井政友議員の議会報告 | Comments(0)

1.生活困窮者法等の取り組みについて
 (1)市の状況について
 (2)関連の取り組みについて
 (3)第3者評価事業の導入について
2.今後の医療・介護計画について
 (1)次の医療・介護計画について
 (2)市内の高齢者住宅、施設について
 (3)家族介護について
3.消費税増税分の使われ方について
 (1)各項目どう扱われたのか
[PR]
by jcpkasiba | 2014-09-12 18:09 | 中井政友議員の議会報告 | Comments(0)

 「中井まさともだより」9月号をホームページのアップ
[PR]
by jcpkasiba | 2014-08-30 15:07 | 中井政友議員の議会報告 | Comments(0)

▼市内学童保育所の待機児童問題について

(問)市内の学童保育所の待機児童は、現在どのような状況か。
〔教育部次長〕五位堂学童が13名、二上学童が12名、真美ヶ丘西学童が4名の合計29名である。
(問)夏休み中は、どのように待機児童の対応をするのか。
〔教育部次長〕五位堂学童は学校の空き施設を活用し、二上学童は教室を活用して受入れを図りたい。また、真美ヶ丘西学童は夏休み中の出席率が減少するため、そのなかで調整を図りたい。
(問)今回の補正により学校の教室の改修を行うことで、待機児童の解消を図ることはできるのか。
〔教育部次長〕五位堂学童の待機児童の解消はできると考えている。また、二上学童と真美ヶ丘西学童については、今後も保育可能な施設の確保に努めたい。
(問)今後、児童数が増えた場合には、学童保育所の指導員も増やすことになるのか。
〔教育部次長〕現在の指導員は、専任が12名と非専任が48名の合計60名である。今後、児童数が増えた場合には、ローテーションにより対応したいと考えている。
(問)学童保育所の入所児童は年々増加している状況であるが、来年度から行われる子ども・子育て新システムについて、市はどのように考えているのか。
〔教育部次長〕これまでは、放課後児童クラブガイドラインに基づいて学童保育所を運営していたが、今後は、市町村が条例により明確な自主基準を定めることになる。

▼市役所の業務委託について

(問)業務委託の詳細については、今後検討されると聞いているが、業務委託をする理由は何か。
〔企画部次長〕地方自治法の規定どおり、より効率的、効果的な行政運営を目指すため、一部の業務で試験的に委託を行うものである。
(問)現時点で、どのような業務委託を検討しているのか。
〔企画部次長〕主に、住民票や所得証明の交付業務、転入時のごみ収集等の説明業務、国民健康保険証の交付業務、税や保険料の収納補助業務などである。
(問)現在の職員数を考えた場合、効率的な行政運営をはかるために、業務委託を行うことは適正なのか。
〔企画部次長〕現在の職員数は、一般職が570名と臨時職が84名の合計654名である。口を8万人と仮定すると、福祉部門などで職員需要が増えると思われるので、可能なところから業務委託を進めて効率的な行政運営を目指したい。
(問)窓口業務などを民間委託した場合は、プライバシーにかかわる問題も起こると思うが、その点はどのように考えているのか。
〔企画部次長〕業務委託にあたっては、個人情報保護に関する条例などを委託業者に明示し、個人情報の適正な運用を図りたい。

▼特定市街化区域農地の固定資産税について

(問)市街化区域農地の固定資産税の計算方法が、平成21年度から変更されたが、その理由は何か。
〔総務部次長〕農地を宅地に転用した場合の造成費を見直して、課税の適正化を図ったものである。
(問)本市の農業振興については、どのように考えているか。
〔都市創造部長〕現在は、みそ加工用大豆や米粉用の米の作付け助成を行っており、今後は地産地消の観点から、地元農産物の直売所の充実や学校給食への利用拡大を図っていきたい。
[PR]
by jcpkasiba | 2014-08-22 20:19 | 中井政友議員の議会報告 | Comments(0)
香芝ほっとNews
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31