◎国民救援会県本部から、以下の記事を多くの人に知らせてもらいたいとの要請がありました。
f0185713_11987.jpg


事件から丸3年の12月12日、現場付近でビラ配りをする中南まり子さん(右)や主任弁護人の古川雅朗弁護士(左奥)=香芝市真美ケ丘2丁目




 ■母、「情報を」


 息子は無実です――。そう訴え、刑務所にいる息子のために「真犯人」を探し続ける母親がいる。熱意が大勢の人を動かし、支援の輪が広がっている。(成川彩)


 事件は06年12月12日午後10時過ぎ、香芝市真美ケ丘2丁目の路上で起きた。


帰宅途中の16歳の女子高生が男に背後から羽交い締めにされ、胸や下半身を触られた。


 「犯人は身長180センチほど、白いニットのマフラーをして、直前に携帯電話で話しながら、道を尋ねるふりをした」。そう証言する被害者は、警察で12人の写真を見せられ、1人を指さした。それが、大和高田市の会社員中南まり子さん(57)の次男・源太さん(28)だった。


 ■自白


 20日、源太さんは逮捕された。


 源太さんには軽度の知的障害があった。若い女性に衝動的に抱きついてしまい、逮捕され実刑判決を受けた過去もある。自宅も現場から直線で約3キロと近い。


 任意同行直後こそ否認した源太さんだが、その日中には犯行を「自白」した。後に源太さんは訴えている。「取調官から『否認しても刑務所や』『否認したら8年、認めて2、3年で終わらせたらどうや』と言われた」


 ところが、過去の事件では素直に犯行を認めた源太さんが、この時は違った。翌21日から再び否認に転じ、今日まで無実を訴えている。


 その「自白」のずさんさは、後に明らかになった。


 源太さんの「自白」は、被害者の証言通り、「私は犯行直前、携帯で電話した」となっていた。ところが、その時刻に携帯電話の通話記録がない。弁護側に矛盾を指摘され、検察官は自白調書の証拠申請を撤回してしまった。


 物証は何もない。被害者の証言に合う服は自宅から発見できず、周辺の防犯カメラの映像もない。源太さんの身長は168・4センチで、被害者がいう180センチとはかけ離れていた。まり子さんは「事件の時刻、息子は私と自宅でテレビドラマを見ていた」とアリバイも主張した。


 ■再現実験


 上告審を前に弁護団は今年4月、事件の再現実験を行い、証言の信用性を検証した。事情を知らない若い女性6人に夜、1人ずつ現場を歩いてもらい、160センチ前半の身長の弁護士が、犯人とほぼ同じ行動を取ってみた。


 2日後、6人に12枚の写真から犯人を選んでもらうと、当てたのはたった1人。人相の説明もばらつきが目立った。一方、身長は全員がほぼ正確に「160センチくらい」と答えた。


 しかし、被害者が「この人です」と断定したことが決め手となり、奈良地裁葛城支部で懲役2年6カ月の有罪判決。今年6月には最高裁が上告を棄却し、刑は確定した。


 「絶対あきらめない」。まり子さんは、今も犯行現場付近でビラを配り、「真犯人」の情報提供を呼びかけている。母子や弁護団の訴えが共感を呼び、「中南源太さんを守る会」も発足。再審請求に必要な新証拠となる情報を探している。


 主任弁護人の古川雅朗弁護士は「一般の感覚が反映された実験結果を、裁判所にきちんと判断してもらいたい。次男の出所後、再審請求で改めて提出する」と話す。情報は奈良総合法律事務所(0744・23・8611)へ
[PR]
by jcpkasiba | 2009-12-28 11:11 | Comments(0)

 2010年5月、ニューヨークの国連本部で開催されるNPT(核不拡散)条約再検討会議に前市議の藤本さんが香芝市平和委員会の代表として参加されます。署名・募金活動が始まっています。
 
 12月23日午後、奈良市で「NPT条約再検討会議」に参加する代表派遣運動を促進する、「12.23学習・交流会」が開催されました。香芝から3名が出席しました。
 記念講演は、「核兵器のない世界」への希望ーNPT再検討会議にむけてーと題して望田幸男同志社大学名誉教授がされました。

 望田氏は、京都の非核の会の活動のなかで、「非核の会」のニュースに非核自治体の施策を紹介するために自治体を訪問していることを紹介されました。
 その自治体訪問の基本姿勢として、自治体の職員はいくつもの仕事をかかえながら、非核施策をどうするか悩んでいる。上の方からは「お金をかけずに」といわれる。そこで非核の会は、非核施策の担当者を「援護する立場」に立ち接してきている。このようななかで担当者とも「懇意」になり、相談を受けることもある。また、非核の会が開く「非核自体交流会」には、自治体の担当者が参加するようになってきている」ことなどを話されました。

f0185713_720594.jpg

[PR]
by jcpkasiba | 2009-12-27 08:09 | Comments(0)

▼不況対策について

(問)未曾有の大不況の中での中小企業者対策について

[産業建設部長]
 本市では、中小企業者等を支援する制度として中小企業資金融資制度及び新規創業資金融資利子補給金交付制度を設けており、セーフティーネット保証制度に係る特定中小企業者認定事業や公的融資制度、総合相談窓口などの中小企業者を支援する施策を行っている。また、融資を必要とされる中小企業の状況にす早く対応すべく、スムーズな認定事務に努めている。

(問)消費税の増税には反対であり、廃止すべきと考えるがどうか。

[産業建設部長]
 法人の消費税等は、現行法制度を遵守していきたい。

(問)この不況下で中小企業を倒産に追いやったのは、国の経済政策にも原因があると思うがどうか。

[産業建設部長]
 国においても中小企業の活性化に努力をしている。本市では、国の制度をより多くの方々に周知し、中小企業を活性化するための融資制度の充実に努めたい。

(問)返済猶予制度について

[産業建設部長]
 返済猶予制度の拡充ができれば、市内の中小企業の活性化につながると考える。

(問)中小企業が発展するために融資枠の拡充以外に何か特効薬的なものはないのか。
[産業建設部長]

特効薬的なものはな
 いが、市内の金融機関等と意見交換会を行っており、市としても中小企業の発展に努めている。

(問)意見交換会の内容について。

[市長]
 この不況下では、次の展望が見えにくいことから、融資枠を拡大しても融資の申し込みは少ないのではないかとの話もあった。市としては、融資の希望等があれば、金融機関に要望していきたい。

▼後期高齢者医療制度について

(問)制度の見直しだけで解決できる問題ではない。廃止をするべきではないのか。

[市民生活部長]
 後期高齢者医療制度は、ふえ続ける医療費の負担を明確にしたことや、広域連合を設置することにより、医療圏が奈良県全域に広域化され、保険料等が平均化されたことなど、評価されていると思う。さらに、保険料の賦課、医療の給付及び被保険者の資格管理等の事務が県内で一元化されたことにより事務効率が高まっていると考えている。今後は、国の動向を見極めながら適切に対処していきたい。
[PR]
by jcpkasiba | 2009-12-16 10:18 | 芦高省五元市議 | Comments(0)

▼子供たちにゆたかな学校給食を

(問)「食」の問題と「食育」の意義について

[教育長]
 食育は、人間が生きる上での基本であり、知育、徳育及び体育の基礎となるべきものと位置づけている。また、各学校では食に関する指導計画を策定し実践的な食育の推進に努めている。

(問)安全な食材という観点から地産地消への取り組みについて

[教育長]
 学校給食ではたくさんの量が必要となり、地元産のものだけで賄うことはできない状況もある。基本的には、地産のものを大切に使用し、不足分は他の地方の生産品を活用するという形で運営している。

(要望)不足分は仕方ないが、地元の生産者がわかるような食材を多く取り入れていただきたい。

(問)民間委託をした小学校の現状について

[教育長]
 安全・安心、そしておいしい給食を提供するため、自校調理方式を保ったまま、調理業務のみを委託している。調理委託校では、市の栄養士が市内統一献立、統一食材の提供を行い、栄養管理や市の衛生基準の遵守を義務づけ、市の責任と管理のもとに調理を実施している。

(要望)中学校給食の実施を考えていく体制づくりをお願いする。

▼子供から高齢者も安心・安全なまちづくりを

(問)主要駅のエレベーター設置について

[企画調整部長]
 五位堂駅では3基、二上駅では3基、関屋駅では2基分の整備にかかる経費を今回の補正予算で提案している。

(問)五位堂駅北側の駅広場からのエレベーター設置について

[企画調整部長]
 駅構外の設置は、当初補助対象外であったが、今回の地域活力基盤創造計画交付金での整備として申請しているが、今後どうなるかは未定である。

(問)不安な道路状況、現在の通学路の安全について

[教委事務局長]
 危険性の懸念される場所もあるが、学校で児童・生徒に安全指導を行い、警察や市の関係所管課とも連携を図りながら、できる限り改善していきたい。

(要望)下田地区の国道165号線周辺についての対策もお願いする。
[PR]
by jcpkasiba | 2009-12-16 10:12 | 池田えい子議員の議会報告 | Comments(0)

 健生会友の会世話人会で挨拶する山下よしき参議院議員と太田あつし参院奈良選挙区予定候補。

f0185713_10575521.jpg

[PR]
by jcpkasiba | 2009-12-12 11:04 | Comments(0)

芦高議員の一般質問が、11日(金)の午前中に行われました。  

1.指定管理者制度について
(1)契約金額について
(2)労働契約の内容について
(3)施設での事故発生時の対応について
(4)減免について
2.平和について
(1)非核宣言都市であるが、核を廃絶していくために自治体としてどのようにしようと考えているのか
[PR]
by jcpkasiba | 2009-12-11 13:08 | 芦高省五元市議 | Comments(0)

 池田議員の一般質問は10日(木)午前中の行われました。


1.安心・安全の保育所について
(1)定員数の問題について
(2)耐震工事について
(3)遊具の整備について
(4)職員の労働条件について
2.ニーズにあった公共バスの運行について
(1)高齢者の助けになる運行について
(2)現在の形態にとらわれない運行について
[PR]
by jcpkasiba | 2009-12-10 14:42 | 池田えい子議員の議会報告 | Comments(0)
香芝ほっとNews
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31