4.17市議会報告会

f0185713_19464822.jpg



 4.17市議会報告会では、4月13日に開かれた「参議院候補者と地方議員」報告会の内容で情勢報告と、県議会報告が主でした。県会は、党の5人の議員で予算案に修正案だしお金がないからという理由は成り立っていないことと、その使い方が問題であることで反対討論したが予算案に賛成の議員からは、賛成討論が無い状況で採決されたとの事。事業仕分け対象になった労働者雇用促進事業団から廃しされては困ると訴えられた経験が話された。


香芝市議会に関して市会議員の報告は

(芦高)この1年の市議会の様子を報告

 一般質問する議員が昨年度の改選から多くなり共産党以外の議員の質問も10人を越えるときが出てきた。我党の2人の議員は、選挙公約や市民生活、営業、くらしを 守る問題を取り上げ、その役割を果たしてきた。

 1年間で取り上げた一般質問の事項は、固定資産税、安全安心のまちづくり(駅のバリアフリー化、通学路など)、道路交通問題、学童保育所、小学生の医療費無料化、国民保険、介護保険、後期高齢者医療、下水道問題、食の安全、消費税、指定管理者制度導入、、学校給食、不況対策、保育所問題、公共バス、平和問題など多岐にわたって質問、意見し市の姿勢を追求した。


(池田)3月議会、臨時議会


 3月議会は、県水の値下げに伴い香芝市の水道料金を県下で一番早く値下げさせることに取り組んだ。また真美ヶ丘の学童保育所で1時間保育してほしいとの請願書、旭が丘公有地に民間幼稚園が設置されること等に賛成し、スポーツ公園、国保料、介護保険、後期高齢者医療等の予算に反対した。
  中和幹線が住宅地を通り大阪の柏原インターまで伸びることについて、公契約について、スポーツ公園について、中和幹線の足下駄工事の入札について質問した。
 臨時議会で、日本共産党香芝市会議員団は、国保料金の最高限度額の値上げに反対した。

(市民からの質問、要望、意見、報告)

1,学童保育所の運営方法について。自治会の設立と予算について。
2, 市議会報告の方法やあり方について。
3,自治会の要望事項を聞いてほしい。
4,市内スポーツ施設の利用料の値上げで、どれほどかの市民や団体がが負担しているのか市民からの報告。
5,東海自然遊歩道の整備がなされていないことについて。
6,土地開発公社の塩付け土地の原因と状態について 。
7,高齢者が身近で集える所がないことについて。
8,瓦口付近の国道で横断歩道が少なくお店に国道をわたっていくのに大変遠回りしたり危なく感じることについての要望。


又、4.17市議会報告会で、日本共産党香芝市委員会と日本共産党香芝市会議員団が、3月1日に提出した下記の要望書を配布した。

2010年3月1日

香芝市長 梅田善久様

日本共産党香芝市委員会
日本共産党香芝市会議員団 市会議員  芦高 省五
              市会議員  池田 英子

日頃のご尽力、ご苦労様です。これまで自公政権は「三位一体の改革」の名のもとに、地方財政への国の責任を後退させ、地方自治体の財源を大幅に削減してきました。国民が、長らく続いた自民党政権を倒したこのことは、戦後初めての画期的な出来事であり、歴史的意義をもつものです。とくに、国民の「政治を変えたい」という強い願いは、一時の選挙での審判にとどまらず、選挙後の情勢全体を前向きに動かす大きな力となっています。
このような中で、香芝市では、行革路線で受益者負担と社会保障の削減がなおつづいています。香芝市予算は、くらし優先に切り替えることこそ重要です。何よりも市民のくらし、福祉、医療、教育を守り、産業雇用対策を充実することを第一として編成すべきです。


Ⅰ 香芝市スポーツ公園建設推進を中止すること
 
Ⅱ 後期高齢者医療制度のすみやかな廃止を国に求めること
 
Ⅲ 国保料金の引き下げをすること

Ⅳ 土地開発公社の損失で、市民のくらし福祉を脅かさないこと

Ⅴ 安心・安全のまちづくり
生活道路の整備をすること
近鉄電車の一部の狭い踏み切りの拡張と整備をすること
近鉄五位堂駅の北側や二上駅にもホーム外基のエレベーターの設置をすること
JRの各駅のホームと車輌の段差をなくし、ホームと陸橋に屋根をつけること
小・中学校や幼稚園や保育所の耐震化を、早急にすること
Ⅵ くらし・福祉の応援
介護保険のサービスをもっと受けやすいものに改善すること
高齢者や障害者に安い配食サービスを毎日実施すること
国民健康保険の無保険者に今すぐ保険証の交付をすること
子宮頸がんのウイルスの感染を予防するワクチンの公費助成をすること
公共バスの停留所の乗降を自由にし、またルートを増やし、市民生活を便利にすること
ゴミ収集の有料化をしないこと
国に消費税増税を許さず、食糧品は非課税にするよう要請すること
公務に関わる業務の安易な民間委託を中止すること
香芝中央公民館・体育館などの体育施設の利用料を無料にすること
労働・雇用対策の行政窓口を設けること
生活保護行政の改善をすること
保護費支給決定までの間の緊急小口資金の貸付制度の利用をできるようにすること
保護費申請はすべて受理し、支給決定は14日以内にすること
生活保護受給者の医療券は、慢性的な疾患はその都度取りに行かずとも良いよう柔軟な対応をすること
休日夜間に使用できるように「生活保護医療受給者証」を発行すること
道路の歩道の整備すること
都市計画穴虫二上線と二上田尻線の変更は住民の意見をよく聞くこと
真美幹線の道路を低騒音舗装にすること
中和幹線と真美幹線の交差点のゼブラゾーンに、長期駐車をさせないようにすること
Ⅶ 子育て等支援
県・国に小児・周産期の24時間救急体制の確立を求めること
小・中学校で30人学級の実現をすること
保育士の労働条件を守りながら、公立保育所時間の延長をすること
保育料を引き下げること
学童保育所の職員の身分保障と労働条件を守りながら、保育時間と小学校卒業まで延長すること
学童保育所の老朽化を改善すること
子どもの医療費は通院も小学校卒業まで無料化にすること、又医療費の窓口払いの廃止をすること
小学校給食の調理業務の民間委託を中止すること
自校方式の中学校給食を実施すること
[PR]
by jcpkasiba | 2010-04-18 19:39 | Comments(0)

日本共産党演説会

f0185713_6511422.jpg

[PR]
by jcpkasiba | 2010-04-13 06:51 | 行事案内 | Comments(0)
香芝ほっとNews
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30