<   2013年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

f0185713_853370.jpg
f0185713_8532331.jpg

[PR]
by jcpkasiba | 2013-08-30 08:54 | Comments(0)



香芝市総合フール(同市穴虫)が設備老朽化で今夏初めて休止した問題で、市が来年度に再開する方針を固めたことが分かった。市は「市総合プール再開について」の題でホームページで報告している。 同フールは1984年オープン。毎年3万人近くが利用し、子どもからシニアまで夏休みや健康づくりの場として活用されていた。市は「施甲殻備の老朽化のため今年度より休止する」と今年5月の広報で通達。市民グループ「香芝市総合プールの存続を考える会」(木原敏洋代表)が存続を求める要望書を市や市教委に挺出し、今月23日には市議会に3161人の署名を付けて請願していた。 市民グループの要望などを受け、市は7月25日に第1回の同プール検討連絡会議(会長川田裕市議)を開催。8月22日の第2回回会議で来年度再開の方針を打ち出した。市都市計画課によると、「プールの危険箇所や費用、工事期間などを調査検討し、予算を計上したい」としている。木原代表は「今夏は特に猛暑で、子どもたちに悲しい思いをさせた。計画的に部品を取り換え、管理するのは市の責任。多くの方の署名をいただき、来年度から再開することになるのは良かった」と話している。【山本和良】

「毎日新聞」奈良版8/28
[PR]
by jcpkasiba | 2013-08-28 06:44 | Comments(0)

近畿厚生局が6月、香芝市の総合病院「東朋香芝病院」(288床)に対して診療報酬の不正受給を理由に保険医療機関の指定を取り消す処分(10月1日から5年間)を決めた問題で、病院側が求めた処分の執行停止を認めた大阪地裁の決定(15日)について、近畿厚生局は23日、即時抗告しなかったことを明らかにした。

 執行停止期間は病院側と国との行政訴訟の1審判決後の60日後まで。即時抗告を見送った理由については「係争中なので差し控えたい」としている。病院側は「地域医療の混乱などを総合的に考慮したのではないか。妥当な判断だ」と評価した。

 一方、病院側は「訴訟は長期間に及ぶ」と指摘。県が、保険医療機関取り消しに備えて後継医療機関を公募していることについて、「いま行う理由がなくなったので公募は、早急に取りやめるべきだ」と述べた。

 これに対し、県医療政策部の担当者は「訴訟の結果によっては東朋香芝病院の病床分が今後不足する可能性は残る。こうした事態は避けなければならない」と強調し、東朋香芝病院への処分が将来的に取り消された場合も、後継医療機関をそのまま存続させる方針を示した。

〔読売」奈良版 8/24

 東朋香芝病院の問題は、今後とも不安定な状態が続き、患者、職員の不安は解消されない。
 日本共産党は一日も早く、患者、職員の不安が解消されるように、香芝市、議会が取り組みを強めるよう働きかけていきます。
[PR]
by jcpkasiba | 2013-08-27 13:19 | Comments(0)

第2回「香芝総合プール検討連絡会議」で「プール来年再開を決めた」との市長・議長連名の議員宛FAXを先に掲載しましたが、その内容を歓迎しながらも、「香芝総合プール検討連絡会議」の存在が「曖昧」と市民から疑問の声が出ています。
[PR]
by jcpkasiba | 2013-08-26 10:10 | Comments(0)

8月25日に行われました第2回香芝総合プール検討連絡会議において、総合プールの市における位置づけ及び必要性等を検討した結果、来年度より総合プールを再開する方針で取り組むとの決定がなされました。
取り急ぎではございますが、このことをご報告させて頂きます。
[PR]
by jcpkasiba | 2013-08-24 12:25 | Comments(0)

 住民らでつくる「香芝市総合プールの存続を考える会」の木原敏洋代表(67)らが23日、同市会事務局を訪れ、プール存続を求める請願書と署名3161筆を河杉博之議長あてに提出しました。

 同プールは同市穴虫に昭和59年に報お額泳用プール、同60年に流水プールなどが営業を開始。毎年7、8月に約2万7000人の利用があった。しかし、同市は今年5月の広報で営業休止を発表。今年は閉鎖されたままになっています。

 木原さんは「老朽化のため休止というだけで詳しい説明もない。近隣の幼児教室の母親から再開の要望も多く寄せられている」と言い、同会の岡部泰子さん(39)=同市下田東l丁目=は「猛暑で他のプールへ行っても混雑している」と話し、再開を訴えました。

プールを管理する同市教育委員会は、循環ポンプなどの劣化で故障の可能性があり、安全から体止を決めたと説明。今後、関連部局などによる検討連絡会を開いて存廃も含めた対応を多角的に検討するとしています。


奈良新聞8/24
[PR]
by jcpkasiba | 2013-08-24 07:30 | Comments(0)

9月10日(火) 本会議

9月12日(木) 総務経済委員会
9月13日(金) 教育福祉委員会
9月17日(火) 建設環境委員会
9月21日(土)、22日(日)、24日 決算特別委員会
9月26日(木)27日(金) 一般質問

10月3日(木) 本会議
[PR]
by jcpkasiba | 2013-08-23 10:13 | Comments(0)

▼中学校給食実施の進め方について

中井政友議員 中学校給食実施検討は、今まで7回の審議が行わているが、アンケート調査はどのような結果になったのか。また同委員会からは、どのような報告があったのか。

〔教育部次長〕アンケート調査では保護者から栄養バランスや安全・安心の観点から中学校給食を望む意見が多かった。また同委員会からは、自校方式の理念やメリットを堅持や民営のセンター方式が適していると報告があった。

中井政友議員 同委員会は、どこの給食センターを視察されたのか。

〔教育部次長〕大和郡山市ンタ一方式の給食センーと下田小学校の自校方式の給食室の視察を行った。

中井政友議員 給食施設の用地確保は、どのように検討をしたのか。

〔教育部次長〕同委員会で4中学校の確認をしていただいたが、用地を確保できない中学校もあった。
中井政友議員 センター方式では本市の生徒数から計算すると956㎡用地でよいと思うが、同委員会で1600㎡が必要とあるが、なぜこれだけの面積がいるのか。

〔教育部次長〕衛生管理を重視して、また、食育の観点から生徒の見学スペースなども必要と判断した。

中井政友議員 同委員会の最終報告では、理念は自校方式とし、最終的にはセンター方式での結論であるが、どのように具体化していくのか。

〔教育部次長〕自枚方式のメリットである温かい給食の提供をセンター方式に求めて、保温性に優れた容器の採用などで限りなく自校方式に近づけたい。

中井政友議員 学校行事や教育課程に合わせやすく、行き届いた給食を提供できるのは自校方式と思うが、今後はどのように進めていくのか。

〔教育部次長〕今年度は、実施計画の策定や配膳施設の設計を行う予定である。また、来年度以降は施設の設計を予定している。

中井政友議員 実施方法が決まっていない段階で配膳施設を計画するのは矛盾すると思うが、その点はどのように考えているのか。

〔教育部次長〕 平成27年皮を目標にしているため、学枚給食で必要となる配贋施設の設計を行う予定である。

中井政友議員 学校給食において、トラブルがいつ起こっても対応できる態勢が必要と思うが、その点はどのように考えているのか。

〔教育部次長〕どの方式もトラブルの可能性はあるため、できるだけ事前に防ぎたいと考えている。

▼美濃園焼却場整備計画の検討状況について

中井政友議員 これまでの10年を検証して、住民の方に合意いただけるような進め方を期待しているが、最近の経過については、どのようになっているのか。

〔環境局長〕地元の4自治会に、以前は延命化計画策定と2カ年の暫定延長をお願いしていたが、直近に現在の場所で新設をお願いしている。また、事務調査特別委員会の意見をもとに、再度説明していきたい。

中井政友議員 優先順位をつけて地元と協定を結んでいただきたいが、その点はどのように考えているのか。

〔環境局長〕暫定延長の期限も迫っているため、地元の方には再度説明していきたい。
[PR]
by jcpkasiba | 2013-08-22 08:35 | 中井政友議員の議会報告 | Comments(0)

▼香芝市総合プールの「休止」に ついて

池田英子議員 総合プールを休止することは市民の権利を制限することになると思うが、休止する法的根拠は何か。

(教育部長)安全な施設利用が確保できないことから、地方自治法第14条第2項及び都市公園条例第6条により休止している。

池田英子議員 総合プールの休止にあたって、市民への広報はどのような根拠で行ったのか。

(教育部長)香芝市有科公園施設の管理に関する規則第17条に基づいて、休止のお知らせを行った。

池田英子議員 総合プールの廃止は、教育委員会で議論されていないと思うが、その点についてはどうか。

(教育部長)市の経営会議で総合プールの協議を行い、都市公園条例第6粂に基づき休止の決定を行った。それを受けて、香芝市有科公園施設の管理に関する規則により教育委員会で別に定め、教育長の決裁で決定している。

池田英子議員 教育委員会公告式規則で、休止決定の公布をされていないと思うが、その点についてはどうか。

(教育部長)別の事務手続として定める行為となるので、公布は行っていない。

池田英子議員 総合プールの休止に伴う利用者への代替案は、どのように検討したのか。

(教育部長)各学校でのプール開放と、他の公共プールを利用した場合の補助を検討したが、いずれも難しいという結論になり、現時点で代替案は設けていない。

池田英子議員 昨年度は、ろ過機から砂が流出したと聞いているが、なぜ改修工事をしなかったのか。

(教育部長)市の経営会議で、設備の老朽化について協議した結果、休止の決定を受けたので、ろ過施設の改修工事は行っていない。

池田英子議員 具体的に改修工事が必要な箇所と金額は、どれくらいなのか。

(教育部長)最低限必要な箇所として、循環ポンプが300万円、受変電設備が200万円、受水槽工事が640万円、ろ過機入替が960万円、50mプール塗装が1820万円、甲羅干しマットの補修が830万円、概算合計で4750万円である。

池田英子議員 休止による補助金の返還については、どのようになるのか。  

(都市環境部長)休止であれば補助金の返還は必要ないが、取り壊した場合は総合プールは残り2年、管理棟は残り21年の返還義務がある。

池田英子議員 取り壊した場合は、補助金の返還金額はいくらなのか。  

(都市環境部長) 平成25年度末で取り壊した場合、総合プールは約540万円、管理棟は約1200万円となる。

▼市の施設・土地の利用について

池田英子議員 旧保健センターの3階については、障がい者団体や高齢者の憩いの場として活用できないのか。

(総務部次長)香芝市公有財産活用検討委員会で利用方法を検討したい。

池田英子議員 旧老人福祉センターは、今後どのように活用するのか。

(総務部次長)現状での施設利用は無理であるが、市にとって好立地にあるため資産として活用したい。

池田英子議員 土地開発公社から市の所有となった土地は、今後どのように活用するのか。

(総務細次長)特定土地は、公有財産活用検討委員会で検討したい。

池田英子議員 同委員会の検討結果は、市のホームページで掲載できないのか。

(総務部長)土地の売買などについては、予算や決算委員会で審議いただきたい。
[PR]
by jcpkasiba | 2013-08-22 08:07 | 池田えい子議員の議会報告 | Comments(0)

決議第1号 香芝市の公共バスを存続する決議 川田  裕      原案可決(全会一致・出席15 名)

決議第2号 議第35 号奈良県広域消防組合の設立についての附帯決議
                      中川 廣美      原案可決(全会一致・出席15 名)

意見書第1号 奈良県中和圏及び香芝市における救急医療体制の厳守から「病院の開設等に関する指
導要綱」の遵守を求める意見書        川田 裕 小西 高吉  原案可決(全会一致・出席15 名)

請願第2号公共バスの存続を求める請願書 採  択(全会一致・出席15 名)
[PR]
by jcpkasiba | 2013-08-22 07:11 | Comments(0)
香芝ほっとNews