香芝民報3月NO147

f0185713_15374697.jpg
f0185713_1537770.jpg

[PR]
by jcpkasiba | 2015-02-25 15:38 | Comments(0)

▼合同での中学校給食センターに
ついて
(問)香芝市と広陵町と共同で、中学校給食センターを広陵町に建設するということであるが、もし災害が起きた場合、自校方式であればすぐ対応できるが、道路が寸断された場合の対策はどのように考えているのか。
〔教育部次長〕広陵町の候補地は本市と隣接しており、縦横に国道165号線、168号線、中和幹線が通っているため、いずれかのルートで供給できると考えている。
(問)その対応で100%とは思えない。中学校給食センターは本市で建設すべきであると思うがどうか。
〔教育部次長〕国道は災害時の緊急輸送路にも指定されているので、その道路が使用できなくなるということは想定していない。
(問)香芝消防署西側で給食センターの建設を断念したあと、自校方式という考えはなかったのか。

〔教育部次長〕平成24年度の給食実施検討委員会で、センター方式が望ましいとの意見があり、変更は考えていない。
(問)広陵町との共同化の協議までどのような経緯であったのか
〔教育部次長〕市長部局と協力し、候補地を三箇所選定し、調査を行っている際、広陵町から共同化の話があった。
(問)市内の三箇所の候補地の中で、給食センター建設の可能性はあったのか。
〔教育部次長〕用地交渉は難しく、時間もかかる。一日でも早く中学校給食を実現させるために、広陵町との共同化を進めていきたい。
(問)給食センターではアレルギー対応をどのようにするのか。
〔教育部次長〕アレルギー対応の専用調理室を設けて、専任のスタッフを配置する予定である。
(問)O157などの感染症が発生した場合、被害が広がると考えるがどうか。
〔教育部次長〕消毒等の徹底、ドライ方式の採用、汚染作業区域や非汚染作業区域の明確な分離など、センターの設計において、学校給食衛生管理基準を十分満たすよう整備を行いたい。

▼総務企画委員会の視察について
問)本市の土地建物の保有状況は、どのようになっているのか。
〔総務部次長〕平成25年度末では、土地は112万㎡、建物は93施設、338棟を保有しており、築20年以上の割合が全体の77%を占めている。
(問)本市のファシリティマネジメントの取り組みは、どのように進めていくのか。
〔総務部次長〕平成27年度に建物の中長期保全計画を策定し、平成28年度に施設の統廃合を検討した再配置計画や、インフラ資産の長寿命化基本計画を定め、平成29年度から実行していく。
▼観光プロジェクトについて
(問)香芝市の観光資源について、どのような状況か。
〔地域振興局長〕どんづる峯など歴史的価値のあるものも多いが、ほとんどが未整備であり今後の課題である。
(問)今後、どのような観光事業を計画していくのか。
〔地域振興局長〕例年開催している香芝ウォークや地元商店の協力で開催する物産展、また2月に開催する産業展など地域の食、産業、文化にふれ、香芝市の魅力を知っていただけるような情報を発信していきたい。
[PR]
by jcpkasiba | 2015-02-25 15:33 | 池田えい子議員の議会報告 | Comments(0)

▼市民サービスの向上について
(問)市民課では、総合窓口の一元化に近いような形で各種の業務を行っているが、現在はどのような業務を行っているのか。
〔企画部長〕現在は、住民票の異動手続をするときに、証明書などの発行業務や医療証などの発行業務を行っている。
(問)現在は、庁内のクラウド化によって、担当課でデータが共有されていると思うが、例えば、社会保険から国民健康保険への切り替え手続きを、市民課の窓口ですることはできるのか。
〔市民環境部次長〕複雑な事務手続きについては、担当課で行うことになるため、市民課では、住民異動に伴う保険証などの発行業務を行っている。
(問)市民課の窓口で、住民異動に伴う保険証などの発行業務ができるということは、市民の方に対して、どのようにPRを行っているのか。
〔市民環境部次長〕今年10月から、市民課に福祉簡易窓口を開設

▼市役所の窓口業務委託実施について
(問)今年10月から、複数の窓口で業務の委託を行っているが、どのような業務をしているのか。
〔企画部次長〕市民課は、住民票等の証明書発行業務。市民衛生課は、ごみ自己搬入等の証明書発行業務。税務課は、所得証明等の証明書発行業務など、現在は9課で窓口業務を実施している。
(問)窓口の業務を委託しているのは、どのような理由なのか。
〔企画部次長〕民間のノウハウと市民の利便性の向上、事務の効率化などを総合的に判断し実施している。
(問)窓口の業務委託は、どのような方法で事業者を決定したのか。また、何社の応募があったのか。
〔企画部次長〕プロポーザルにより事業者を決定した。また、応募については最終的に2社であった。
(問)委託事業者の雇用状況について、その内容は把握しているのか。
〔企画部次長〕委託事業者の雇用関係については把握していない。
(問)窓口の業務委託については、どのようなで形で何人が配置されているのか。
〔企画部次長〕常勤と非常勤をあわせて28名が業務にあたっている。
(問)各課の窓口の状況によっては、今後、委託している人数が変動することもあるのか。
〔企画部次長〕繁忙期の窓口に、多くの人員を充ててもらうことは可能と考えている。
(問)民間の事業者に業務委託をするということは、プライバシーに関わる問題がでてくると思うが、その点はどのように考えているのか。
〔企画部次長〕事業者の選定では、プライバシーマーク等の取得も確認しており、契約において個人情報の保護に十分配慮している。
(問)市役所のパソコンは、IDやパスワードで使った人が誰かわかるようになっているのか。また、ファックスについてはどうか。
〔企画部次長〕使った人の特定はできるようになっており、委託先の職員にもIDやパスワードを与えている。また、ファックスは正職員が送信を行っている。
(問)窓口業務を行っている委託先の職員が、申請者が本人であるかどうかの確認や、申請書に加筆などを求めることもあるのか。
〔企画部次長〕委託先の職員は、窓口で申請者に書類を渡す業務などを行っている。
(問)証明書の手数料など、公金の取り扱いについては、私人の取り扱い制限があると思うが、その点はどのように考えているのか。
〔企画部次長〕公金の取り扱いについては、契約書に明記し告示を行っている。また、窓口に告示文を掲示して、レシートには会社名を明記している。
(問)国保医療課や介護福祉課では、個人の疾病に関する資料などがあると思うが、窓口の業務委託にあたって、プライバシーの遵守については、どのように考えているのか。
〔健康局長〕個人情報の取り扱いは、契約書に明記して厳正に対処している。
(問)財産調査や公金を取り扱う納税促進課においては、どのように考えているのか。
〔総務部次長〕財産調査などは正職員が業務を行っており、委託先の職員は窓口の補助業務をしている。
(問)今後の業務委託について、方向性はどのように考えているのか。
〔企画部次長〕市役所全体の業務バランスを考えて、可能なものについては委託していきたい。__
[PR]
by jcpkasiba | 2015-02-25 13:46 | 中井政友議員の議会報告 | Comments(0)
香芝ほっとNews
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28