香芝市が今年4月に始めた予約制の乗り合いタクシー「デマンド交通」を巡り、市と委託先のタクシー会社の契約が完了しないまま運行が続いていることが毎日新聞の取材で分かった。市側が用意した契約書に不備があり、現在も委託料が支払われていない状態だ。トラブルが長引けば事業継続に影響が出かねず、利用者からは「早く解決を」との声も出ている。【伊澤拓也】

 市は実証運行を経て昨年12月に事業提案型のプロポーザル方式で公募し、今年1月に市内のタクシー会社を委託先に決定。市は本格運行が始まる4月1日までに、会社と3年間の随意契約を結ぶ予定だった。

 しかし、委託料から差し引く運賃相当分など契約書の中身が決まらず、契約に至らないまま市議会は3月議会で予算3800万円を可決。市から会社側への契約書提出は5月にずれ込んだ上、運賃の消費税が市の“二重取り”になるミスも見つかった。

 既に利用予約は3月下旬から受け付けており、タクシー会社は4月から予定通りサービスを開始。契約書細部のやり取りが続き、運行半年が過ぎた現在も委託料は支払われていない。

 1日当たり利用者は約200人に上り、タクシー会社の社長は「委託料が入らず運営は苦しいが、利用者からは好評なので何とか続けたい」と言う。市生活安全課は「市に非があったのは間違いない。(タクシー会社に)説明を尽くして疑問点を解消したい」とし、契約手続きを急いでいる。

 毎週利用している女性(79)は「運転手さんも親切で助かっている。早く解決してもらいたい」と話した。

==============

 ■ことば

 ◇デマンド交通

 公共交通が不便な地域の住民を乗り合いのタクシーやバスで低料金で送迎するサービスで、導入する自治体が全国的に増えている。香芝市の場合、利用者は事前に利用登録。電話で予約した上、運賃200円で自宅から公共施設や病院など市内約280カ所の乗降場所に中型タクシーで移動できる。運行は平日の午前9時〜午後4時半。登録者は高齢者を中心に約1万1000人。
[PR]
by jcpkasiba | 2015-10-24 08:02 | Comments(0)

「オール大阪」の共同で勝利へ

 知事・大阪市長のダブル選(11月22日投開票)の告示(知事選11月5日、大阪市長選8日)まで1カ月を切りました。橋下・維新の会は住民投票の審判を踏みにじって「大阪都」構想を再び争点にすることを掲げ、国政新党「おおさか維新の会」を結成するなど、自らの延命に躍起になっています。これに対して日本共産党大阪府委員会は5日、アピール「ダブル選挙で『維新政治』に終止符を打ち、庶民のまち・大阪にふさわしい府政、大阪市政を」を発表し、大阪市長選で自民党大阪市議団前幹事長の柳本顕氏を自主的な立場で支援し、橋下・維新市政に終止符を打つために総力を挙げると表明。知事選・大阪市長選どちらも「反維新」の共同をつくり・広げて必ず勝利するとしています。

ダブル選に向けたアピールを発表する日本共産党の山口府委員長(中央)と、大阪市をよくする会の福井事務局長(その左)ら=5日、大阪市役所内
ダブル選に向けたアピールを発表する日本共産党の山口府委員長(中央)と、大阪市をよくする会の福井事務局長(その左)ら=5日、大阪市役所内

 大阪維新の会は1日、知事選に現職の松井一郎氏、大阪市長選に前衆院議員の吉村洋文氏を公認で擁立することを正式発表。同日、新たな国政政党「おおさか維新の会」の結成も表明しました。記者会見で橋下徹代表(大阪市長)は、「現在の維新の党は偽物。大阪再生、『大阪都』構想を掲げた本物の維新の党をつくる」などと語っています。
 日本共産党の山口勝利府委員長は5日、同党も参加する大阪市をよくする会(よくする会)の福井朗事務局長らと大阪市役所内で共同記者会見し、アピールの内容を説明。5月の住民投票で大阪市を廃止・解体する「大阪都」構想が明確に否決されたことは、「橋下氏が『政界引退』を表明するほど重大な出来事。再び『大阪都』構想を掲げるのは、大義も道理も、市民の審判を尊重する立場もない。維新政治延命の思惑があるだけだ」と厳しく批判しました。

8年の維新政治の「3つの大罪」

 山口氏は8年間の維新政治には、①大阪経済・雇用・暮らしの落ち込み②「なんでも民営化」で大阪府・市の公的責任を投げ捨て③「選挙に勝てばなんでもできる」という独裁手法で対立と混乱を生みだした「3つの大罪」があると強調。「維新政治に終止符を打ち、まともな自治体を取り戻す。地方自治と民主主義の流れを広げるたたかいだ」とダブル選の意義を語りました。
 すでに無所属で立候補表明している柳本氏について、住民投票で共同のたたかいの一翼を担って奮闘し、「大阪都」構想への再挑戦を掲げる維新に厳しい批判を加えていると指摘。「まともな市政を取り戻し、他会派とも連携する姿勢を明らかにされている。『反維新』で共同を求める各方面の団体・個人の思いと一致するもの。自主的に支援し、維新政治に終止符を打つために総力を挙げる」と力を込めました。

知事選も反維新で共同を広げて

 さらに山口氏は、知事選でも「反維新」の「オール大阪」の共同を広げ、その構えで勝利へ全力を挙げると表明。「維新政治ノー、庶民のまち・大阪にふさわしい政治を」との一点で一致する共同の目標・政策を掲げて奮闘すると同時に、子ども医療費拡充、国民健康保険料・介護保険料の負担軽減、ブラック企業規制条例制定、防災対策など市民要求に根差した独自の要求・政策を掲げ、実現のために力を尽くすと述べました。

(大阪民主新報、2015年10月11日付より)
[PR]
by jcpkasiba | 2015-10-15 21:27 | Comments(0)

11月の大阪市長選で、共産党は独自候補の擁立を見送り、自民党が推薦する柳本顕(あきら)・大阪市議(41)を支援する方針を決めた。3日の党府委員会総会で「自主的支援」を確認した。5月の大阪都構想の住民投票で、大阪維新の会の橋下徹代表(大阪市長)とテレビ番組の討論で直接対決して注目を集めた柳本氏を軸に、反維新勢力の結集を目指す。

 大阪維新は、吉村洋文(ひろふみ)・前衆院議員(40)を擁立する。党府委員会は柳本氏について「住民投票で、市議会での野党共同や『市民共同』の一翼を担った」と評価。反維新票の分散を回避すべきだと判断した。2011年の市長選でも独自候補の擁立を見送り、橋下氏との一騎打ちとなった現職を自主的に支援していた。
[PR]
by jcpkasiba | 2015-10-03 20:32 | Comments(0)

 香芝市議会は30日、広陵町と共同で建設する中学校給食センター建設工事委託契約(約8億1570万円)
や同センター厨房機器設備委託契約(約1億8770万円)の追加2議案などを可決し、閉会した。
 広陵町議会も9月25日に同センタ一の工事契約案を可決している。
[PR]
by jcpkasiba | 2015-10-01 08:04 | Comments(0)

 香芝市議会「憲法違反」

 集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法が公布された30日、香芝市議会は同法が憲法違反だとして反対する意見書案を賛成‥多数で可決した。法案段階も含め、同法に反対する意見書が県内の市議会で可決されたのは初めて。

 見書案は民主党の中村良路市議が提出し、共産党の2市議が賛同して議員提案された。議長と欠席1人を
除く13人で採決した結果、賛成7、反対6で毎決された。

 意見書では「戦後70年間、我が国が平和憲法のもとで貫いてきた恒久平和を戦争する国へと大きく転換する」と指摘。「立憲主義をないがしろにし、国民への説明責任を果たさない政府に、安全保障にかかわる重大な政策判断の権限を許すことはできない」と政府を批判している。

 一方、同法に賛成の立場から意見書案に反対した市議は討論で「憲法違反には当たらず、集団的自衛権の行使もあくまで国民の命を守る自衛の措置」などと述べた。

 県内では、国会審議中だった安保関連法案について三郷町議会、上牧町議会などが廃案を求める意見書を可決している。

「毎日」奈良 

[PR]
by jcpkasiba | 2015-10-01 07:58 | Comments(0)
香芝ほっとNews
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31