NPO法人 平和のための香芝戦争展が「ぞうれっしゃがやってきた子供合唱団」を結成するためを募集しています。チラシ参照。

f0185713_10271445.jpg

[PR]
by jcpkasiba | 2015-12-24 10:27 | Comments(0)

  2015予算要望書

2015年12月22日

2016年度予算編成に対する日本共産党の要望

日本共産党香芝市議団
                             池田 英子
                             中井 政友
 
基本姿勢
一、今までの開発中心行政、赤字を作り出してきた土木行政を人口減少時代にふさわしいものに転換すること。その際、市民に負担を強い、公的機関の役割を放棄するような見直し安易な民営化はおこなわず、市民の福祉充実と両立する市政運営を追及すること。

二、県下有数の子どもが増えている街にふさわしい保育、教育、福祉、医療に重点を置いた街づくりをめざした予算編成をおこなうこと。

三、東日本大震災をふまえ、原発からの撤退、省エネや自然エネルギーを重視し、地球にも人にもやさしい街創りへ市政を転換すること。

四、市民参加、情報公開の徹底で臣民の知恵の生かされた市政運営をめざすこと。

五、市の施設で働く者の労働条件の改善と働く意欲の喚起こそ住民本位の市政前進の要という認識に立って市役所職員の計画的な採用増と労働条件の改善、市給与職員の保育所・学童保育士、幼稚園教員、その他中学校講師等の待遇を改善し若者を中心とした雇用を増やすこと。

六、国の消費税、保険料等の値上げ増税路線に反対し、市民をまもること。

七、平和都市宣言を掲げている市としてふさわしい取り組みをすること。

以上の視点に立ち香芝市2016年度予算と行政運営に対し以下の事項を要望する。



一、開発中心の市政の転換と行政改革路線の見直しについて
1、市役所等公的施設の公的責任を重視した市政をすすめること。
2、将来の人口減を考慮に入れ、また道路開発等が土地開発公社の負債をつくり出してきた反省に立ち「都市計画道路」を国交省ガイドラインに沿って「必要かどうか」の視点だけでなく「不用がどうか」視点でも見直し、縮小すること。
3、膨大な費用が伴う「スポーツ公園」建設の見直し、市民に多額の負債を負わせないこと。

二、保育・教育・福祉・医療に重点を置いた市政について
4、新たな公立保育所の民営化をやめること。
  民営化は、関屋保育所、志都美保育所に止め、新たな民営化を進めないこと。
5、 保護者、保育士の声をふまえて4者協議をおこない子ども第一の運営をおこなうこと。
6、小1,2年生の「30人以下学級」を堅持続け、学年を上げていくこと。
7、中学校の35人以下学級も実施すること。
8、学校の卒業式、入学式で子ども・保護者・教職員の思想信条の自由を否定する「日の丸・君が代」の強制をおこなわないこと。
9、市立幼稚園の3年保育を拡充すること。
10、負担が重い国民健康保険料を引き下げること。
11、介護保険料に市独自の減免制度をつくること。
12、後期高齢者保険料は国に、廃止をはたきかけること。
13、中学生までの通院医療費の窓口払いの無料化を実施しすること。
14、早急に香芝市に救急医療・休日医療の充実した体制を整備すること。

三、原発からの撤退・省エネの促進・自然エネルギーの復旧について
15、太陽光発電の助成をおこなうこと。
16、香芝・王寺環境組合の焼却場の環境数値を誰にもわかるように公表すること。またCO2削減目標を明示すること。

四、市政運営の公開・民主化と市民参加の促進について
17、情報公開を徹底すること。市長公約であった「市の行政の見える化」を実施すること。
18、市の各種審議会等は原則公開すること。
19、全ての審議会に公募で市民が複数以上、自由に入れるようにすること。
20、重要な政策決定については、必ず事前、事後に関係者及び市民向けの説明会を開くこと。

五、市の施設で働く者の労働条件の改善について
21、中学校給食の実施にあたっては、現場栄養士、調理員、教員そして保護者の声が反映して進めること。特に教職員にあたっては、負担増が予想されることから教職員増をおこなうこと。
22、子どもの健やかな成長を考えるならば、保育士・幼稚園教職員・小中学校教職員の定数を増やすこと。

六、国の増税路線から市民の生活を守ることについて
23、消費税増税について香芝市として反対の意思を明らかにすること。
24、年金削減、各種保険料の値上げから市民の生活を守る措置をすること。
25、公契約条例を制定し香芝市の中小業者や労働者の生活を守ること。
26、市長公約でもある個人向け住宅リホームの補助をおこなうこと。

七、平和の取り組みについて
27、平和都市宣言を挙げている市として安保法制の廃止を求めること。
28、どんずる峰地下壕戦争遺跡の保存をおこなうこと。
[PR]
by jcpkasiba | 2015-12-22 14:59 | Comments(0)

1.子どもの貧困対策について
(1)子どもの貧困の実態把握について
(2)教育支援について
(3)生活の支援について
(4)保護者の就労支援について
(5)経済的支援について
2.香芝市と広陵町の相互連携の協定について
(1)協定の内容について
(2)今後の進め方について

[PR]
by jcpkasiba | 2015-12-10 09:32 | Comments(0)

1.総合戦略策定について
(1)現段階の状況について
(2)その他
2.介護問題について
(1)法改正後の状況、取り組みについて
(2)6期介護計画について
3.中学校給食について
(1)地産地消の取り組みについて
(2)食育の取り組みについて

[PR]
by jcpkasiba | 2015-12-10 09:25 | Comments(0)

 12月8日は日米開戦、太平洋戦争が勃発した日です。この太平洋戦争での犠牲者はアジアで2000万人、日本人も300万人以上が犠牲になりました。この日は不戦の誓いを新たにする日です。
 香芝九条の会は午後4時からエコールマミで、新婦人や母親連絡会の人とともに、「赤紙」(召集令状)復刻版を配布、また「戦争法の廃止を求める統一署名」とよりくみました。署名の反応は普段と同じぐらい。しかし、高校生なども署名してくれていました。参加は14名、チラシ150枚、署名は45筆集約しました。

f0185713_20583421.jpg

[PR]
by jcpkasiba | 2015-12-08 20:58 | Comments(0)

12・12香芝九条の会憲法学習会への参加者の組織についての協力のお願い


 憲法学習会が迫ってきました。今回の学習会では、戦争法廃止めざした運動をすすめるために、若いママさん弁護士の橋本智子さんから、憲法の大切さを改めて学ぶことを第一の目的としています。
 第二は、「戦争法廃止めざす統一署名」の意義と目的、さらに目標について、理解を深めて、署名運動を強力に推進するスタートを切る意思統一と決意を固めあうことを目的としています。
 こうした憲法学習会ですが、今後のことを考えても、どうしても多くの賛同者や市民の参加が求められています。
 つきましては、皆さんのかかわりのある方に参加を急いでよびかけていただきたくお願いする次第です。

f0185713_10533043.jpg

[PR]
by jcpkasiba | 2015-12-07 07:53 | Comments(0)

香芝市12月議会日程

f0185713_850378.jpg

[PR]
by jcpkasiba | 2015-12-02 08:50 | Comments(0)
香芝ほっとNews
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31