自民党総裁や官房長官、外相、衆院議長を歴任した河野洋平氏(80)が戦後72年の終戦記念日を前に神奈川新聞社のインタビューに応じ、安倍晋三政権の政権運営や外交政策を批判した。かつての自民党ハト派の重鎮は「政治とは戦争をしないことだが、その逆をやっている」と断じ、対米追従一辺倒の姿勢に警鐘を鳴らした。

河野氏は官房長官だった1993年、慰安婦問題で旧日本軍の関与と強制性を認めた「河野談話」を出すなど、2009年に政界を引退するまでアジア重視、保守穏健派の代表格として知られた。

 インタビューは7月下旬に行われたが、その後の内閣改造で外相に就任した長男、太郎氏(54)への忠告といえるものになっている。護憲、軍縮、核廃絶に取り組んできた立場から「戦争で問題は解決しない。外交や政府開発援助(ODA)など経済的手段で解決するしかない」と持論を語り、「中国や韓国との関係改善を望む気持ちは国民の中にあると思う。わが国を攻める国があるのなら、そうした国と仲良くして攻められないようにすればよい」とアジア外交の重要性を説いた。

 集団的自衛権の行使容認に転じ、憲法9条の改正を提唱するなど対米追従を強める安倍政権の安全保障政策に対し「米国の軍事的要求を断ってきた9条というかんぬきを自ら緩めている。米国は相当好戦的な国だ。トランプ大統領も平和主義者に見えない。どこへ連れて行かれるのか」と危機感を募らせた。

 緊迫する北朝鮮問題にも言及し、核・ミサイル開発と拉致問題の解決のためには中国に働き掛けを求めるべきだと唱え、「米国に同調し制裁しているだけは危機は減らない。拉致問題解決のためにも外交を中心に据えるべきで、今すぐは無理だが、国交の樹立は解決の足掛かりになる」とも語った。

 さらに沖縄・辺野古の新基地建設問題についても触れ、「新たに基地が造られれば沖縄に100年先も米軍基地が存在することになる。独立国とはいえない」と批判。安倍政権を「国民に寄り添わず自分のやりたいことをする政権という印象だ。4年も5年も国民の希望や期待とかけ離れた政治が行われ、国民にとって実に不幸なことだ」と酷評した。

8/15(火) 6:10配信


[PR]
by jcpkasiba | 2017-08-15 07:02 | Comments(0)

f0185713_09230790.jpg
香芝九条の会は発足11周年記念講演会を9月30日(日)開催することを発表しました。

[PR]
by jcpkasiba | 2017-08-10 09:23 | Comments(0)

安倍内閣の支持率が、第2次政権発足以来、初めて40%を割り込み、39.7%だったことがJNNの世論調査でわかりました。一方で、改造内閣の顔ぶれを評価する人は42%で、「評価しない」と答えた人を上回っています。

 安倍内閣の支持率は、先月1日、2日の調査結果より3.6ポイント下がって39.7%でした。第2次安倍政権が発足して以来、初めて40%を下回りました。不支持率は3.5ポイント上がり59.0%で、2か月連続で不支持率が支持率を上回っています。

 一方、今月3日に発足した第3次安倍再々改造内閣の顔ぶれについて聞いたところ、「評価する」と答えた人は42%で、「評価しない」と答えた人の35%を上回りました。

 個別の閣僚では、自民党の野田元総務会長を総務大臣に起用したことについて55%が「評価する」と答え、河野元行革担当大臣を外務大臣に起用したことについては、50%が「評価する」と答えました。いずれも「評価しない」と答えた人を上回っています。

 南スーダンのPKOに関する陸上自衛隊の「日報」を巡る問題で、今週行われる国会の閉会中審査に稲田元防衛大臣を呼ぶべきかどうか聞いたところ、「呼ぶべき」と答えた人は59%で、「呼ぶ必要はない」と答えた人のほぼ2倍となりました。

 先月24日と25日に行われた「加計学園」の獣医学部新設を巡る国会の集中審議で、安倍総理の説明に納得できたかどうか尋ねたところ、「納得できた」と答えた人は13%で、「納得できなかった」という人は75%に上りました。

 東京都の小池都知事が率いる都民ファーストの会の国政進出について聞いたところ、「進出すべき」と答えた人は33%、「進出すべきではない」と答えた人は47%でした。


[PR]
by jcpkasiba | 2017-08-07 13:24 | Comments(0)



 香芝市の今池親水公園ではNPO法人「平 和のための香芝戦争展」による「原爆犠牲 者追悼市民のつどい」があった。参加した市 民ら約60人が被爆地の焼け跡から受け継がれた「原爆の火」を前に黙とうした。
 名波敢士理事長は、今年7月の国連での核兵器禁止条約採択に触れ、「世界から核兵器を放逐する新しい時代に生まれ変わろうとしている」とあいさつ。
広島で5歳の時に被爆した奈良市の秋山勝彦さん(77)が核兵器廃絶に向けた署名活動への協力を呼び掛けた。また、NPOメンバーによる歌「明日への伝言」(いずみたく作曲)が披露され、他に3曲を参拙者と一緒に歌った。 

平和の誓い


 理由もわからず瞬時に命を奪われた方々。そしてかろうじて生きながらえてきた被爆者の苦しみ、それは深く、今なお続いています。私たちは原子爆弾の恐ろしさ、悲惨さを二度と繰り返してはならないと、この地で集いを開いて16回目を迎えました。毎回、被爆された方のお話を聞くたびに、風化させてはならないとその思いを強く持つことが出来ました。


72年間、被爆者が求め続けてきた核兵器禁止条約が122カ国の賛成で、採択されました。毒ガス・化学兵器の禁止と共に、この世界で最も恐ろしい核兵器の製造、使用すべてにわたって完全に禁止されることになり、新しい世界に大きく動きだすことになりました。


香芝市も非核兵器の宣言をしている街として、市民一人ひとりにその成果を知らせ、地球上から、そしてこの美しい星から核兵器が追放され、安心して暮らすことが出来る流れが始まったことに、共に喜び合いたいと思います。核兵器をつくったのは人間です。そして使ったのも人間です。なくすことができるのも人間です。核兵器が廃絶されるまで頑張りたいと思います。


2017年8月6日 被爆72周年原爆犠牲者追悼の集い

 





[PR]
by jcpkasiba | 2017-08-07 07:25 | Comments(0)

f0185713_14064879.jpg

[PR]
by jcpkasiba | 2017-08-05 14:07 | Comments(0)

本日から「平和のための香芝戦争展」が開催されます。主催者のNPO法人香芝戦争展は、市民や子どもたちの参加をよびかけています。
f0185713_09451586.jpg
f0185713_10554007.jpg
/strong>





[PR]
by jcpkasiba | 2017-08-05 09:45 | Comments(0)

「JR香芝駅をよくする会ニュース」は、公明香芝ニュース(号外)に掲載されて「JR香芝駅のバリアフリー化が前進」にたいして、「請願署名での紹介議員には公明党の議員にもお願いしましたが、残念ながら受けてもらえませんでした。この間、発行された公明香芝ニュース(号外)には「JR香芝駅のバリアフリー化が前進」と石井国十交通大臣はじめ市の幹部、公明党議員との写真が掲載されていますが、地道に署名をあつめ、市議会に働きかけてきた私たちには少し、違和感があります」と遺憾の意を表明しています。
 「JR香芝駅をよくする会ニュース」では、「『JR香芝駅のバリアフリー化を実現して欲しい』という市民の切実な声を受けて、私たち「JR香芝駅をよくする会』は昨年11月以降、請願署名に取り組ました。短期間でしたが、3249名の署名が集まりました。その署名は昨件の12月、6名の議員(池田、筒井、中井、中村、中川、福岡)に紹介議員になつていただき、香芝市議会にて全会一致で採択されました。」と詳しく経過を述べています。
 香芝市民の切実な願いと運動によって前進させてきたJR香芝駅のバリアフリー化を、公明党の成果として市民の成果を横取りするのは市民を愚弄するものです。

f0185713_15563454.jpg

[PR]
by jcpkasiba | 2017-08-04 15:59 | Comments(0)

さて、安倍総理大臣が内閣改造を行った一方で、きょう奈良県の民進党が動きました。
 民進党県連は、次の衆議院選挙の奈良2区に前の参議院議員・前川清成さんを擁立することを決めました。次の衆議院選挙は、新しい区割りで行われることになっており、生駒市が1区に移った新奈良2区は、大和郡山市、天理市、そして香芝市や北葛城郡などが選挙区となります。前川さんは、去年の参議院選挙で落選し、現在は弁護士の仕事に戻っていました。前川さんの擁立は、奈良2区の後援会を中心に立候補の要請があり、きょうの県連幹事会で決まったものです。前川さんは、会見で森友や加計問題などを挙げ「特定の人たちだけの政治が行われている もう一度この国の政治を変える努力をしたい」と語りました。前川さんの擁立は、今月10日に党本部に伝えられ正式に決まる予定です。民進党は、今のところ奈良1区は現職の馬淵さんが出馬するとみられますが、新3区については、候補がきまっていません。
「奈良テレビ」


[PR]
by jcpkasiba | 2017-08-04 07:16 | Comments(0)

f0185713_07101275.jpg
 「第16回平和のための香芝戦争展」が5、・6両日、香芝市藤山1のふたか至み文化センターで開かれる。第二次世界大戦中に全国の動物園で動物が次々と殺処分される中、名古屋市の東山動物園で守り育てられ、戦争を生き延びたヅウとふれ合った男性が体験を語る。
 ゾウの話は5日午後1暗から。語り手は三重県四日市市在住の元高校教師、萩原量吉さん。戦後の1949年、当時小学3年生の萩原さんは、東山動物園のゾウ見物のため運行された「象列車」に乗って動物園を訪れ、ゾウの背中にもまたがったという。
 同日午前10蒔から旧満州(現中国東北部)からの引き揚げ体験者らが、同日午後3時15分から親善のため米国から贈られた「青い目の人形」について調べている鈴木知英子さん(香芝市在住)がそれぞれ話をする。6日午後1時からは「河内の戦争遺跡を語る会」の大西進さんが市内に残る屯鶴峯(どんづるぼう)地下壕について語る。
 両日とも正午に戦時食だった「すいとん」の試食があるほか、戦争の遺品などの展示コーナーも設ける。
問合わせはNPO法人「平和のための香芝戦争展」事務局長の西鴨拓郎さん(090・3618・5681)。
   毎日新聞奈良 【藤原弘】



[PR]
by jcpkasiba | 2017-08-03 07:10 | Comments(0)
香芝ほっとNews
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31